AGA治療生え際

AGA治療で生え際は改善できるのか?

生え際、つまりM字の部分は頭頂部よりも発毛させるのが難しいと言われています。

 

AGAというのは、男性ホルモンが影響していて、その原因物質でもあるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する5αリダクターゼが元になっています。

 

このDHT(ジヒドロテストステロン)が発毛サイクルを乱し、抜け毛が進行していきます。

 

また、生え際は頭頂部のおよそ2倍の濃度のDHT(ジヒドロテストステロン)が存在しているといわれ、それだけ薄毛の改善が難しいということです。

 

もう一つの原因は、生え際は、頭頂部や後頭部と比較して血管が少ないということがあります。血管は血液を毛根まで運び、栄養を送る役割をしますが、その血管の数が少ないとなると、それだけ栄養が届きにくいことになります。

 

 

 

生え際への治療アプローチ

生え際を改善するには、やはり治療薬での方法がまず第一に考えられます。プロペシアとミノキシジルですね。

 

それに加えてビタミン剤などもほとんどのクリニックでは処方しています。これらを地道に継続していくのが最も効果的な方法と言えるでしょう、

 

しかしながら、すでに進行が進んでいて完全には身の毛がない状態だとすると、治療薬では改善は難しいかもしれません。

 

AGA治療薬はまだある髪の毛に対しては効果が見込めますが、完全にハゲている場合、毛根自体が死滅している可能性もあるからです。

 

その場合、治療薬では無理なので植毛ということが考えられます。

 

自毛植毛は、後頭部や側頭部のAGAに侵されていない髪を毛根から抜き取って薄毛の部分に移植する手術です。

 

自分の髪の毛なので、ほぼ100%の確率で生えそろいます。

 

このように、生え際の改善は頭頂部に比べて難しい部分はありますが、改善方法はあります。