AGA治療病院

普通の病院でもAGA治療はできる?

 

AGA治療は、普通の病院でも治療は可能です。ただし、プロペシアの処方のみというところがほとんどで、それ以上踏み込んんだ治療はないといっていいでしょう。

 

普通の病院で治療を受ける場合は、皮膚科で受診します。ただ、皮膚科と言ってもAGA専門外来ではないので、医師もAGAに対して細かいアドバイスはできないようです。

 

ですので、普通の病院で治療する場合は、プロペシアの処方のみと考えたほうがよさそうです。

 

 

 

AGA専門クリニックと普通の病院の違いとは?

普通の病院でAGAの診察を受ける場合は、先ほども述べた通りプロペシアの処方のみのケースがほとんどです。

 

一方、AGA専門クリニックでは、まず血液検査をして治療薬を投与しても大丈夫か確認します。

 

また、薄毛の原因がAGAかどうかも確認します。例えば、ストレスにより脱毛が進み薄毛になっている場合、AGA治療薬では治りません。

 

さらにAGA専門クリニックでは、プロペシアだけでなく、ミノキシジルや塗り薬、それにビタミン剤なども処方されます。

 

プロペシアは薄毛の進行を抑える薬ですが、それだけでは薄毛を復活させることは難しいです。細くなった髪を元の太い髪質に戻すには、ミノキシジルやビタミン剤などで髪に栄養と血流の増加が必要だからです。

 

このように、普通の病院とAGA専門クリニックでは、治療方法にかなりの違いがあります。

 

もし、短期間で本気で治療したいなら、やはりAGA専門クリニックがオススメです。

 

より詳しいクリニック選びについてはこちら
失敗しないためのAGAクリニック3つの選び方とは?