AGA 坊主

AGA対策について

AGAは頭頂部やM字部分が徐々に薄くなってハゲていく症状です。

 

はじめは、「抜け毛が増えてきたな」程度の自覚症状しかなく、あまり気になりません。

 

しかし、何年かするうちに明らかに髪のボリュームが無くなっていることに気づきます。しかし、ここでもまだハゲているわけではないので何も対策をしない人がほとんどです。

 

ところが、もう何年かすると今度は明らかに髪の毛と髪の毛の隙間が目立ってきます。

 

「あれ!?こんなスカスカだったっけ?」

 

ここまで進行すると、回復させるには治療をするしかありません。

 

 

 

私のAGA体験談|坊主でごまかしていた時期

私も上記のような経緯で、長い間AGA対策をしていませんでした。

 

しかも、スカスカになってからもAGA治療はせず、目立たなくなればいいということで坊主にしていました。

 

坊主にすると、確かに薄い部分は目立たなくなりました。薄毛対策という点ではアリだと思います。

 

ただし、間違いないのは、AGAは決して自然に治るものではなく確実に進行していく、ということです。坊主にしてその場しのぎをしても、いずれ坊主でも隠せなくなる時が来るということです。

 

私は数年間坊主でごまかすことができました。しかし、徐々に坊主にしても薄い部分が目立ってきて、バリカンで刈る時に薄い部分は長めにして、通常の部分は短めにするなど、薄毛がなるべく目立他によう工夫していました。

 

しかし、それでも薄毛が目立ってきたため、このとき初めてAGA対策を真剣に考えました。

 

結果的に私は自毛植毛を選択し、その後AGA治療薬で既存毛を維持しています。

 

 

 

坊主はAGA対策になるのか?

坊主は一時しのぎになりますが、AGAを改善するわけではありません。

 

私は坊主にして薄毛が目立たなくなったため、そこからさらに数年間まったくAGA対策をせずに過ごしてきました。

 

その結果、さらに薄毛が進行し、最終的には自毛植毛という手段を取らざるを得ませんでした。

 

なので、薄毛になってきたからといって、ごまかすために坊主にするのはオススメできません。また、坊主はAGA対策にはなりません。

 

薄毛が気になってきたら、できるだけ早くAGA治療することです。