自毛植毛とは

自毛植毛とは?

 

AGA治療は、経口投薬やメソセラピー以外に、自毛植毛という方法があります。自毛植毛とは、自分の髪の毛を薄毛の部分に移植する手術のことです。

 

自分の髪の毛のため、拒絶反応はなく、95%以上の確率で定着するといわれています。

 

では、どこから移植するかというと、後頭部の髪の毛を移植します。後頭部はAGAになりにくく、ほぼ一生生え続けます。実際にハゲている人を見ても、頭頂部やM字はハゲていても後頭部や側頭部はハゲていませんよね?

 

つまり、そこはAGAに影響されない部分だからです。その部分の髪の毛を頭頂部やM字に移植しても、AGAの影響を受けることはなく生え続けるのです。

 

 

 

自毛植毛の種類

自毛植毛には、主に2種類の方法があります。2種類というのは、移植毛となる髪の毛の採取方法のことです。

 

1つ目がメスを使って皮膚ごと採取する方法。FUE法といいます。

 

2つ目が毛根を直接抜き取る方法。FUT法といいます。

 

上記2つの方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。どちらがいいかはクリニックに相談して決めるべきですが、最近の傾向としてメスを使わないFUE法が主流になっています。

 

 

 

FUE法のメリットデメリット

メスを使わないFUE法のメリットは、なんといっても頭部に傷がつかないということです。そして回復が早いということです。

 

後頭部に傷跡が残らないので、術後に短髪にしてもそれほど目立ちません。なので、髪を短くしたい方はFUE法がオススメです。

 

一方、デメリットもあります。それは、移植毛となった毛根からは髪が生えてきません。したがって人によっては、あまり多く植毛すると後頭部の髪の密度が薄くなってしまいます。

 

 

 

FUT法のメリットとデメリット

FUT法はメスを使って皮膚ごと切り抜く方法ですが、メリットとしては後頭部の髪の密度が変わらないということです。どういうことかといいますと、切り抜いた部分は縫合するため、それ以外の髪の毛はそのままの状態です。

 

したがって、後頭部の髪の濃さ、密度は見た目変わらないのです。

 

ただし、デメリットとして切り抜いた部分は縫合するため、傷跡が残ります。そのため、短髪にすると横線のような傷跡が見えてしまいます。

 

FUT法がオススメな人は、髪全体の密度が薄い、そして髪を短髪にしない人です。そのような人にはFUT法がオススメです。

 

 

 

自毛植毛の流れ

自毛植毛は、まず後頭部から移植毛を採取します。そのため、事前に採取する部分の髪を短く刈る必要があります。

 

そして移植する頭頂部やM字に移植するためのホールを作成します。要するに後頭部から採取した毛根を植えるための穴ですね。

 

それができたら、採取した毛根を1つづつ手作業で植えていきます。

 

自毛植毛は、大体多くても半日程度で終わります。そのため入院するということはありません。

 

 

 

術後の経過

自毛植毛は、植毛した毛が生えそろうまでに時間がかかります。まず、3か月目くらいに、ショックロスといって髪が抜け落ちる現象が起きます。

 

これは、新しい髪が生えるために、古い毛が抜け落ちるために起こるものです。しかし、その後、新しい髪が生えそろってきます。

 

そして、大体6か月〜1年くらいかけて植毛した髪の毛が生えそろっていきます。自分の髪の毛なので、特にメンテナンスなどは必要ありません。

 

 

 

自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛のメリットは、なんといっても自分の髪が生え続けることです。移植した髪はAGAの影響を受けないため、特に何もしなくてもずっと生え続けます。

 

一方、デメリットはいくつかあります。まず費用が高いことです。移植する1つの毛根のことを株、あるいはグラフトと言いますが、1株500〜1,200円くらいが相場です。

 

つまり、1,000株で500,000〜1,200,000円くらいになります。1,000株でどの程度植毛できるかというと、M字か頭頂部をある程度植毛すればすぐに1,000株になります。

 

つまり、頭頂部とM字両方植毛するには2,000株は必要になるので、料金も倍になります。

 

次のデメリットとして、植毛した髪は生え続けますが、既存の髪はAGAに侵されているので、そのままにしておいたら植毛部分だけ生え続け、それ以外の髪はに毛落ちるため、変な頭になってしまうでしょう。

 

そうならないために、AGA治療薬を飲み続けなければなりません。

 

 

 

自毛植毛を体験してわかったこと

私は自毛植毛をして4年以上経過していますが、今も髪は生え続けています。そして既存の髪のためにAGA治療薬を飲み続けています。

 

最初はAGAクリニックに行って処方してもらいましたが、途中から個人輸入に切り替え現在に至っています。髪が薄くなってないということは、個人輸入のジェネリック品でも効果はあるということだと思います。

 

また、植毛した髪は後頭部の生命力の高い髪のせいか、太くてしっかりと生えています。髪のセットも非常に楽で何もつけなくてもある程度思い通りのヘアスタイルができます。

 

植毛しなくても髪は生えると思いますが、自毛植毛したほうが、よりしっかりと生えそろうと思います。後頭部の髪の毛は太くてしっかりしているので、やはり見た目が違います。

 

もちろん費用が掛かるので、できる人とできない人がいると思いますが、育毛サロンや育毛剤にお金をかけるなら自毛植毛してしまったほうがずっと確実だし悩みも解消できるでしょう。