プロペシア効果

プロペシアとは

プロペシアは、元々前立腺肥大症の薬でしたが、それを服用していた患者の髪が生えてきたことから研究が進み、薄毛の治療薬として開発されました。

 

そして日本では2005年に厚生労働省からAGA治療薬として認可されました。

 

プロペシアの成分はフィナステリドというもので、プロペシアには通常1mg含まれています。これを毎日1錠づつ飲み続けることによって薄毛が改善されていきます。

 

 

 

プロペシアの効果

プロペシアがどのようにAGA(男性型脱毛症)に効くのかというと、AGAは男性ホルモンの一部が毛根に影響を与えることによって髪が抜け落ちていく現象です。

 

テストステロンという男性ホルモンが、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、それが毛根に影響を与えます。このテストステロンが変化するときに、5αリダクターゼという還元酵素が影響を与えます。

 

つまり、5αリダクターゼがテストステロンをDHTに変化させる原因物質なのです。

 

プロペシアの成分であるフィナステリドは、この5αリダクターゼを阻害する働きがあります。そのため、DHTの生成を抑えるので、毛根に影響を与えずに済みます。その結果、脱毛を防ぐ効果がある、というわけです。
ただし、AGAは完治するということがないため、プロペシアの服用を止めれば効果はなくなり、再びDHTは増えていくので抜け毛が進行していきます。

 

 

 

プロペシアの副作用

プロペシアは副作用があると言われています。それは、男性ホルモンに影響を与えるため、性欲減退や勃起不全などです。それに海外ではガンになったという報告もあるそうです。

 

確かにプロペシアは薬なので、副作用があってもおかしくはありません。これはプロペシアに限らず、例えば市販の風邪薬でも同じことです。

 

ただ、プロペシアは男性ホルモンに関わる薬ですが、性欲減退や勃起不全に関係する部分には影響がないといわれています。

 

また、プロペシアの実験では、プラセボ群との比較では副作用の発生率は同じくらいだったという研究結果も出ています。そのため、本当にプロペシアが原因なのかということはわかっていません。

 

先ほども申し上げたように、どんな薬でも人それぞれ体質や環境、それに日々の食事や生活が違うため、副作用が出る人がいないとは限りません。

 

実験結果で副作用の症状が出た人は数%ということなので、100人中数人ということになります。

 

私自身、プロペシアは4年以上服用していますが、これといった症状は出ていません。

 

ネット上で副作用を訴えているのは、他の薄毛治療を促している企業や機関、また育毛剤などを販売、紹介している人たちです。その人たちは誇大な表現であたかもプロペシアは危険、ということを訴えているだけのようにも見えます。

 

プロペシアの副作用は絶対ないとは言いませんが、必要以上に神経質になることはないのではと思います。